HOME > 耐震リフォーム

耐震リフォーム

基礎構造を補強して耐震強度を向上させます
基礎にひびが入ってきた、地震が起きたら家は大丈夫?・・・などでお困りの方
耐震リフォームは、壁量計算等を検討し、耐震の診断を行い弱い箇所を見つけ、リフォームしながら合理的な耐震補強も同時に行う新しい形のリフォームです。地震が起こっても家があなたをしっかり守ってくれる、そんな安心感をもって暮らせる住まいのリフォームです。

構造を知り、耐震強度を向上させます。

火打ち梁と呼ばれる部材
床面の変形を防ぐ「火打ち梁」と呼ばれる部材です。
筋交いは壁の変形を防ぐ部材です
「筋交い」は壁の変形を防ぐ部材です。いままで入っていたなかった壁に「筋交い」を入れたり、構造用合板で耐震強度を向上させます。
ホゾ抜けを防ぐアンカーボルト
基礎と柱を継ぎ手補強し、「ホゾ抜け」を防ぐアンカーボルト。縦揺れの地震で柱が土台から抜けるのを防ぎます。
昔に建てられた家は、老朽化だけではなく、建築基準の違いもあり、大きな地震に対してたくさんの不安要素をもっていることもあります。
だいじょうぶかな?と思ったらまずはご相談ください。総合的にお住まいの診断をさせていただきます。
お問い合わせはこちら
TOPへ戻る

Copyright(C)2013 SpaceMine All Rights Reserved.